日本では主に本州以南に周年生息(留鳥)する。和名は「軽の池」(橿原市大軽周辺とする説もあり)で夏季も含めて見られたカモであったことに由来すると考えられている。河川や湖沼・湿地・干潟・水田などに生息する[5]。渡りは行わないが、北部個体群は冬季になると南下する。(Wikipedia 参照)